アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮 テポドン2号 発射 でも着弾地点はどこ? 

ついに発射しましたね。だいぶ前にこのブログでも経過をお伝えしたのですが、そのときは燃料をテポドンに注入しただけで、打ちませんでした。

さて大手メディアではテポドンのことを繰り返し放送していますので、基本的なことは皆さんもご存知かと思います。ここで私がちょっと気になってることは「テポドンの着弾地点」についてです。

報道管制は午前6時前後に敷かれたと言われております。
ちなみに、およそ6時30分のミサイル着弾位置は下記の写真の模様でした。

up15400.jpg


そしてこれがその後の着弾位置↓

vipper457.jpg


↓現時点でのミサイル推定着弾位置(毎日新聞より)
20060705p2a00m0na029000p_size6.jpg



テレビ局側の単なる間違いかもしれませんが、最終的な着弾位置が当初の発表とあまりにも違いすぎる。やはり報道管制がひかれたんじゃないかと疑ってしまうのも当然でしょう。
ただスカッドの射程は凡そ300kmですので日本付近に落ちることは物理的に不可能です。もし稚内付近にテポドン2号が落ちたとしたら北朝鮮からの飛距離からいってテポドン2号かノドンの可能性が高いと言われています。

ちなみに、佐渡島では下記のような目撃情報があるそうです。



佐渡島で目撃相次ぐ「西の空赤く染まった」

 北朝鮮がミサイルを発射した5日、新潟県の佐渡島では早朝、「空が赤く染まった」などとする目撃が相次いだ。佐渡市河原田本町の無職女性(74)は「朝4時ごろ外に出たら、空が今まで見たことのない色になっていた。あんな朝焼けは見たことがない」と驚いていた。佐渡島の西方上空が五分ほど赤く染まっていたという。

 佐渡市千種のパート女性(47)は「いつか来るとは思っていたが…」とミサイル発射にショックを隠しきれない様子。「太陽とは違う感じで、西の空が妙に明るく、オレンジになっていた」と不安そうに話した。佐渡島は早朝からうっすらと雲がかかっていたが天候は晴れ。佐渡西署によると、特に混乱はないという。
[ スポニチ・社会 2006年07月05日 09:53 速報記事 ] 



------------------------------------------------------
テポドンは東京に着弾していた!?
------------------------------------------------------
up089226.jpg



------------------------------------------------------
こんな記事も↓
------------------------------------------------------


ホーム > 政治 > 北朝鮮 記事入力 : 2006/07/05 13:11

【ミサイル】北朝鮮、さらに6発の地対艦ミサイルも発射か
 北朝鮮が6発の地対地ミサイル以外に、6発の地対艦ミサイルを発射した可能性が取りざたされている。

 韓国大統領府の徐柱錫(ソ・ジュソク)安保政策首席は同日午前10時、記者会見を行い、「北朝鮮で現在までに発射されたミサイルは計6発」と公式に発表した。

 これについてある韓国政府関係者は「午前7時から8時13分の間に6発のミサイルが発射された兆候があり、現在確認中」と語った。

 同氏によると、このミサイルは射程距離が100-120キロの地対艦ミサイルミサイルと射程距離300-500キロのスカッドミサイルである可能性が高いという。

ユ・ヨンウォン記者

チョソン・ドットコム(朝鮮日報)


------------------------------------------------------
以下未確認情報@稚内付近に着弾だとどうなる!?
------------------------------------------------------


820 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/07/05(水) 16:06:27
日本海側で猛毒かつ強酸性の劇物「ヒトラジン」を多量に含む雨が降っているそうだ。ヒトラジンはロケット燃料として使われており、テポドン二号の失敗による大気への撒き散らしか、
燃料過多による不完全燃焼による撒き散らしかは分かりません。(40秒で墜落ですので恐らく両方の理由によると思われます。)ヒトラジンを皮膚に浴びると高確率で皮膚がんになり、
気体を吸ってしまった場合は90%以上で肺がんになる猛毒です。
致死量も非常にすくなく日本海側の一部は死の町と化す可能性もあります。

ググったらこんなんでて北
>1996年2月14日 長征3号 打ち上げ失敗。
>燃料に強酸性の猛毒ヒトラジンを使用したロケットは発射
>後に墜落、近くの町を完全に破壊。降り注ぐ強酸を浴びた人
>々は跡形もなく溶けて、500人以上が死亡。中国共産党は事実を公表せず。



------------------------------------------------------
オマケ@何ですかこれ
------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

>ウサ姫さん

コメントありがとうございます。
最新情報だと更に2発 発射準備をしているそうです。おそらくまたスカッドミサイルで日本には届かない範囲だと思いますが。
日本は戦後一度も「国家のあり方」を真剣に考えてきてはおりません。こういったことを契機に少しでも憂国の士が増えることを個人的には願っております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popper.blog70.fc2.com/tb.php/23-476b4861

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。