アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東・インテラクティブマップ 

社会組織ネットーワーク分析(SNA/ONA)の推進者であるバルディス・クレブス(Valdis Krebs)さんの個人サイトorgnet.comで中東のインテラクティブマップが公開されているのでご紹介。

これは静止画を下に貼り付けておきますけども、ごにょごにょ動くので実際その目で確かめて下さい。↓コレ

Interactive MIDEAST Network Models

<静止画>

interective.jpg



以下説明


中東の自己組織ネットワークモデル(self-organizing network model of the Mideast)はプレイヤー間に存在する「引きつけるう力」と「排除する力」によって動く。それぞれを繋ぐ「ノード」(ここでは国の意)は「友好関係」を表しており、「敵対関係」する間には何もリンクはないが、「排除する力」は働いており、相互に弾きあう。

画面上の「ノード」を引っ張って相互に影響しあってることを確認することができる。マウスの右クリックを使って「ノード」のある要因を有効にしたり、無効にしたりできる。

下の相互ネットワークの図では上のものとは別ものだ。下の図では地域間の「地理的」な関係を表している。もし国家がお互いに国境を接していればリンクが結ばれている。そしてこの図では上の図で働いていた「排除する力」は働いていない。二つの線が交わらないように操作することができる。

この二つの図を比べてみて、イスラエルが苦境に陥ってることがわかりますか?

@イオ訳 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popper.blog70.fc2.com/tb.php/35-08613f3b

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。