アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理殿、国家に巣食う者を弾劾致します」 イーホームズ・藤田東吾  

1207001366.jpg


(衆院国土交通委員会に参考人として出席した(左上から)アトラス設計の渡辺朋幸代表、イーホームズの藤田東吾社長、日本ERIの鈴木崇英社長=7日午後、国会。東京新聞)

20日の午前中、カリスマブロガーのきっこさんがまたまた爆弾記事を投下(きっこの日記該当記事)。

前回に続き、今回もイーホームズ社長・藤田東吾氏の訴えが記事にされた形となった。文量もかなり多く、きっこの日記では制限文字数の関係で4ページにも渡っている。

藤田社長が訴えたいことは二つ。1.川崎市「エグゼプリュート大師駅前」 と 2.アトラス設計の渡辺氏について。

1.エグゼプリュート大師駅前(物件名)において、建築確認の構造計算図書が偽装されていた。にも関わらず中間検査の二日前に計画変更が川崎市によって許可された。しかし、この工事は偽装された図面のまま進行されたと藤田社長は考えていて、
二日前の「計画変更」は完全にフェイクであり、それによって偽装マンションを隠蔽した確率が高い。

2.渋谷区代々木のアトラス設計・渡辺朋幸氏は建築士の免許を持たない無資格者でありながら、名義を借りて設計事務所を経営し設計業務を行っている確率が高かった。そして確認を行ったところ実際に「無資格者」であった。


以下、藤田社長が提出した資料のコピペ。


1.(仮称)エグゼプリュート大師駅前 http://www.myhome21.jp/
建築場所 川崎市川崎区大師駅前2丁目12番34号
     RC構造、地上15階建て、延べ床面積3,461?u
建築主(デベロッパー) 株式会社伸明ハウジング 代表取締役 山崎伸
        藤光建設株式会社 代表取締役 佐藤雅彦
設計者 藤光建設株式会社一級建築士事務所 橋本清
構造設計 株式会社田村水落設計 代表取締役 水落光男
川崎市まちづくり局指導部建築審査課長 倉形紳一郎 044-200-3019
国土交通省住宅局建築指導課 03-5253-8111(代表)
山本繁太郎住宅局長、小川富吉建築指導課長、田中政幸課長補佐、高見企画調査官

(1)確認済証番号 eHo.05.A-01003000-01号 (平成17年8月12日)
(2)計画変更:確認済証番号 eHo.05.A-01003000V-01号 (平成17年11月2日)
この11月2日の計画変更は、杭の変更(現場造成杭から規制杭への変更)である。工事は10月17日に着手しており、杭の変更以外の建築計画は、当然に、(1)の確認図面通り進行しているものと考えるのが常識である。

(3)現場の中間検査は平成18年1月26日に川崎市が行った。合格としている。
 しかし、この直前の2日前、平成18年1月24日に、再び、計画変更図面が川崎市に対して申請され、この計画変更の確認は同日付で川崎市が下ろしている。この規模の、中間検査とは、建物の2階部分の構造躯体までが終了した時点で行われる。よって、2日前に計画変更された図面が、現実の工事に反映されているとはまずもって考えられない。素人でも分かることです。

2.アトラスの渡辺朋幸の名義借り状況
住所 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-19 2階
社名 有限会社アトラス設計 代表取締役 渡辺朋幸 03-5465-1137
   一級建築士事務所登録 管理一級建築士氏名 小林昭代(名義貸与人)


安晋会・アパグループ・ヒューザー・ライブドア。ようやく繋がりました(おーるさんの最終図解より)


photo_21.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popper.blog70.fc2.com/tb.php/77-9218aca5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。