アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テポドン2号 

せっかく自衛隊がサマワから撤退できそうなのに
今度はテポドン2ですか。

テポドン2



政府「瀬戸際戦略」と分析 テポドン発射準備
朝日新聞、2006年06月17日06時23分


今回は読売だけじゃなくて朝日もこんな記事書いてるので信用してる。

朝鮮日報↓は明らかに喧嘩売ってないか!?この見出し。
もうテポドンが発射されてそうな勢い。

米日はテポドン2号を迎撃できるか
朝鮮日報、2006/06/17 12:01


東海で北朝鮮のミサイルの迎撃が可能になるのは、早くても8月以降になるとみられている。現段階において作戦に必要な迎撃ミサイルの配備が完了していないためだ。



「東海」・・・日本海の呼称は、この際どうでもいいとして、
日本海には迎撃ミサイルは今ないっていうことで、これは
もし日本に撃たれたら防げないのでは!?

確かにそもそもテポドンが撃たれるとしたら、一体どこに向かって撃たれるのか不明というのが怖い。アメリカ本土に撃てば「戦争挑発行為」になるとして北朝鮮がアメリカ(アラスカ含)に撃つ可能性は低い、と朝鮮日報の記事でも書かれている。

森野奥人さんのブログでこんな記事を発見。

次回テポドンが試射された場合には、日本売りがいっせいにかけられる。もしかすると国家破産の引き金になるかもしれないほど重大なことである。政府は国民の財産によって巨大借金をチャラにできるチャンスだから、最後まで包み隠して、いざとなれば外患のせいにして頬かむりするだろう。そして預金封鎖とハイパーインフレ、財産没収。国内はオイルショックどころでない混乱を極めるだろう。



なるほどー。あり得なくもない話。怖いけど。
北朝鮮からのミサイル攻撃が日本にあれば、株価は下がるし、円安になるし、で一気にハイパーインフレになって
経済の混乱と共に国債もチャラ・・・
ってそんなシナリオ実現難しいだろうな。しかもテポドン2号ごとき(失礼!)にそんな破壊力あるのか!? 

ところで東アジアに関しては欧米のメディアは全くだめだわ。
情報が古い。こっちの情報を翻訳してるから当たり前か。
やっぱり当時国だけあって朝鮮日報が一番いい。


テポドン

-----------------------------------------------------------
みのもんた・朝ズバっでネ申発言 模様
-----------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------
自衛隊
---------------------------------------------------------


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popper.blog70.fc2.com/tb.php/8-5ff6bb62

チラリと見える「日米安保」の正体

テポドン2号とか陸自のイラク撤退とか騒がしいですな。もちろんどっちも気になります。特に切羽詰まってるのは前者か(後者も詰まりっぱなしだろうけど!)。マジ「北」とか意味わかんねーですよ。でも、そうかといって「ミサイルにはミサイルを!」とは思わないね。
  • [2006/06/21]
  • URL |
  • 憲法9条の逆襲! -THE ARTICLE9 STRIKES BACK- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。