アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テポドン2号 - 続報 

一部テポドン発射否定説も出ているが、今月18日か19日に発射される可能性はされない可能性よりも高いという。



------------------------------------------------------
ANNニュース

 麻生大臣は、ミサイルが発射されて、仮に破片などが日本に落下した場合でも、直ちに武力による報復は行わない考えを示しました。そのうえで、国連安保理での対応を求めるほか、北朝鮮船舶の入港禁止や、北朝鮮向けの送金停止といった経済制裁も辞さない考えを示しました。 [18日17時59分更新]
------------------------------------------------------

 冷静に考えるとテポドン発射は考えられない。また発射したとしても飽くまでも実験であって日本の国土に着弾することは考えられないのではないか。一部報道にあるように今回の北朝鮮の行動は日米のアテンションを集める行動であるという分析が妥当である。

 しかし政府にとってみれば国民を一人でも死なせないことが絶対使命であるので後の祭りでは困る、という状態なのだろう。そう考えると麻生外務大臣の「仮に破片などが日本に落下した場合でも、直ちに武力による報復は行わない」という発言は誠に弱腰であって、一見無責任であるように聞こえる。

 これには理由があって、北朝鮮側が「宣戦布告」に拠って「戦争状態」にならない限りこちらは自衛権を行使することが出来ないという制約に基づく。すなわちただの「発射実験」だった場合は日本は直ちに武力行使などは行えないのである。
麻生氏の発言は現行法の中で精一杯の制裁をする、ということなのだろう。

 日本側が経済制裁を発動して、(朝鮮総連から)北朝鮮への送金停止が実行されれば、約220億円とも言われる巨額送金を受け取れなくなってしまう。それで北朝鮮に一体なんのメリットがあるのだろうか。在日北朝鮮人の人々も首を傾げているのではないか。

テポドン弾道


テポドン-基地


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popper.blog70.fc2.com/tb.php/9-d591b33f

(動画)テポドンまだぁ~~~~?>朝鮮中央テレビ

朝鮮中央テレビ 6月16日放送分何言ってるのか、まったくわかりません。困ってます。誰か聞き取ってください。テポドン発射なら国連安保理開催を要求…麻生外相北朝鮮の核問題 麻生外相は18日のテレビ朝日の報道番組
  • [2006/06/18]
  • URL |
  • Here There and Everywhere |

テポドン2号の件

北がテポドン燃料注入完了「死のカウントダウン」 国連決議や経済制裁強化の呼び水にも 北朝鮮は17日までに、北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクト)にある発射基地で2段式の大陸間弾道ミサイル「テポドン」への燃料注入を終えたもようだ。一両日中に発射するとみられ
  • [2006/06/18]
  • URL |
  • zara's voice recorder |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。